Rehabilis-space

お知らせ

比較照合モデル(comparator model)の臨床応用😀👍

約5か月ぶりの投稿です😭何やら難しい内容ですが、要するに、行動を脳で考え意識すれば体を自動制御してくれるということを、システムで把握しようという考え方です😊 仮定に基づいた条件を設定することで、そのメカニズムが顕在化してきま...
お知らせ

比較照合モデル(Comparator model)によって成り立つ運動学習😮

森岡周先生、勝手に引用して申し訳ございません💦 前回の学習性不使用にも述べましたが、身体を意識的に動かすとき、予測と感覚の比較照合が重要となります。 上の図のように、トップダウンとボトムアップの情報処理を比較照合するこ...
お知らせ

どんどん使えない身体になる!学習性不使用😮

「学習性不使用」とは、麻痺側の手足を使用しない状態が長く続くことで、麻痺側の手足を使用しないことを学んでしまい、定着してしまう現象です。 脳梗塞発症後から何年も経過している方は、脳自体の損傷によるものと、二次的に生じる学習性不使用...
お知らせ

感覚‐運動の不協応が運動主体感に及ぼす影響😮

”私らしさ”を取り戻すには、身体所有感と運動主体感が重要であることは、前回Minimal Selfの回で述べましたが、よく理解できたでしょうか?🤔 身体所有感とは,観察された物体を自分の身体に備わっているもの(所有物)であると認知す...
お知らせ

Minimal Self🤔深く考えよう!

さて、リハビリと身体意識は、深い関係にあるこということはわかっています。 身体意識を無視したリハビリは、何の効果も上がりません😐 半身麻痺患者が、麻痺した側を無視した状態で、健側に依存した動作ばかり行うと、学習性不使用になるこ...
お知らせ

身体意識とリハビリ🤔

「いま」「ここ」にある「私という意識」 鏡の前の子供が、おもしろ仕草で自分であることを検証しています。 もし、鏡に中の自分が一瞬遅く動いたら、鏡の中の自分は自分として認識されなくなるでしょう。 その誤差は0.6~...
お知らせ

リハビリテーションとは?何なのか🤔

身体に障害を持った人でも、身体に障害がない人でも、自己”私らしさ”を見失っている人は、リハビリが必要です😮 ブレーキとアクセルの踏み間違いを認めない老人など、脳イメージが自由の利かない身体とのギャップによりエラーとなって表在化した結...
お知らせ

ニューロリハビリについて、リチャード・ヘルドの実験😮

まずは下の絵をご覧ください😃 2匹の生まれて間もない子猫ちゃん。2匹とも生まれてすぐに、暗室で2週間ほど育てられ、視覚刺激のない状態を同一条件で作り出しました。 その後、1匹の子猫ちゃんはゴンドラの中に、もう1匹は動け...
お知らせ

ニューロリハビリとの出会い😀👍

前回投稿からだいぶ時間が経過してしまいましたが、今回からニューロリハビリテーションについて述べていきたいと思います😄 私とニューロリハビリテーションとの出会いは、2018年2月24日(土)第6回訪問リハビリテーション管理者研修会~大...
リハビリ深堀

脳について、最後に😮

脳についてのお話は今日が最後になります。 長々と偉そうにすいませんでした😅 ですが、今までに語った脳の可能性について、深く理解できたと思います。 脳の神経回路は複雑すぎて、そのほとんどは解明されていませんが、手足を動かす...
タイトルとURLをコピーしました