アインシュタインの脳😮我々とはちょいと違うみたい😅

天才物理学者アルバート・アインシュタイン🤩皆が認める超天才ですよね💛

なんとその脳が死後に取り出され、研究する標本となって詳しく構造が調べられました😱

脳の重さは同じ年齢の男性と同じくらいだったそうです😁

なんだ、軽いじゃん😐・・・冗談です。

しかし、脳の構造にはいくつかの大きな特徴がみられたようです。

まず、天才の脳には前頭前野の脳のしわが多く、通常の人の脳より表面積が大きかったようです。

前頭前野は計画や推理する思考に関わる領域なので、しわによって大きくなった前頭前野は、アインシュタインの天才的なひらめきに貢献していたと考えられているようです。

もう一つ、脳梁について一般男性と違うところがあったようです。

アインシュタインの脳梁は、ほとんどの部位で通常の人の脳梁より厚かったようです。

左脳と右脳を繋げる神経線維の量が多かったので、神経伝達が強かったことを示しています。

脳梁は、思考や意思決定に関わる、両半球の前頭前野にもつながっています。

やはり、天才の脳は我々とは違うわけですね😅

この脳の構造は、先天的なものか後天的なものかは不明のようですが、生まれ持ったものがあるように思いますが、皆さんはどうお思いでしょうか?

脳に障害を持った方々に、リハビリによる意図をもって行う外的刺激で脳活性し脳神経システム再構築を図りますが、脳の可塑性による身体機能再生に関しては誰もが持った能力なので、アインシュタインの脳に匹敵すると私は思います😄👍

すべての身体を制御する脳の働きは、天才脳でなくても宇宙的規模に匹敵するほぼ無限大の可能性を秘めています。

脳への働きかけを止めてしまわないように、日常的に体を動かして脳の活性化を図りましょう。

次回は、将棋棋士の脳について。お楽しみに。

タイトルとURLをコピーしました