やっぱりコロナは恐い😮

コロナは肺炎だけでなく中枢神経系障害も引き起こします😱

しかもそのメカニズムがよくわかっていなかったらしい😱😱

慶應義塾大学医学部生理学教室の先生方が、まずデータべース解析を行い、コロナにより引き起こされてしまった脳症の病巣には、コロナが細胞に侵入する際の受容体(ACE2とCCN1)の発現量が高いことを突き止めたみたいです😮

更に、脳脊髄液を産生するところでも受容体が高いことが分かった様子。

更に更に、脳以外でも受容体の発現が上昇していることが分かったようです。こうなると芋づる式にどんどんわかります。

分かったことを今後は、コロナによる中枢神経系障害憎悪メカニズムの解明や、治療薬開発研究に繋げていくそうです。

早く治療薬が出来てほしいけど、数年はかかるのでしょうね😔それまでコロナに罹らないよう注意して過ごしましょう。

タイトルとURLをコピーしました